トップページ > 活動 > ローターアクト

ローターアクト

<ローターアクトについて>

 ローターアクト・プログラムは青年男女が個々の能力の開発にあたって役立つ知識と技術を高め、 それぞれの地域に社会における物質的、あるいは社会的ニーズに取り組み、 親睦と奉仕活動を通じて全世界の人々の間により良い関係を推進するための機会を提供するものです。

 ローターアクトクラブは、提唱ロータリークラブの近隣地域内に居住または就学している18歳から30歳までの青年によって構成されています。

 東京池袋ローターアクトクラブは、1971年に33名のメンバーにより創立され、以来数十名の会長の下、いろいろな奉仕活動で地域社会に貢献しています。

 2018年は11月に第2580地区浅草中央ローターアクトクラブと合同で『上野動物園ツアー』の親睦活動を行ないました。上野動物園で謎解きウォークラリーを行い、メンバー交流、ロータリアンとの親睦を図ることができました。この合同例会はその年の年次大会にてクラブ表彰の対象となりました。

国際ロータリー第2580地区東京池袋ローターアクトクラブ

ローターアクトクラブ会長
東京池袋ローターアクトクラブ
2020-2021年度会長
佐野 風摩
 
所信表明
 2020-2021 年度 国際ロータリー第2580地区ローターアクト 東京池袋ローターアクトクラブ会長、佐野風摩です。 私が正式に入会したのは昨年秋です。それまで行ったことがないような経験や挑戦を、また重ねて人に貢献することをしたいと考え、活動出来る環境を探す中で出会ったのがローターアクトでした。初めは創意工夫の凝らされた様々な例会の魅力に惹かれ、そして右も左も分からない自分に根気強く指導して下さる方々の支えもあり現在まで活動させて頂いております。
 今年度は当クラブ設立から50周年ということで、そのような節目で大役を拝することは、恐れ多くも大変光栄なことであると感じております。まだ未熟な部分は多くございますが、先輩が築いてきたものを継承し、さらなる発展に少しでも寄与出来るよう、努めて参りたいと思います。
 
クラブターゲット
「奏でよう!我ら公共楽団」
 ローターアクトの例会では、専門技能を活かし、親睦を深め、奉仕活動に楽しんで取り組む姿がいつもあります。それは、ひとりひとりが演奏家として、パートの個性を輝かせ、会場全ての人々と一緒にコンサートを作り上げていく交響楽団のようでもあります。したがって、メンバーが息を合わせて活動し、参加したい!と思って貰える仲間と出会いながら、人のために力を使いたいというメッセージを込めて、今年度のターゲットと致しました。
 楽団は英訳すると「Band」。これは団結すること、紐帯という意味に由来します。私達には、ロータリアンや友好クラブ、豊島区や池袋地域の方々、果ては歴史という時間的な繋がりといった様々な結び付きがあります。そういった周囲の人々との関係を大切にし、会員が積極的に他の例会や地域活動に参加したり、合同例会を開催したりしていくことで、今年度を一年充実させていきましょう。